商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2018年9月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です

純米焼酎 玉乃光 屋久杉 720ml

  • オススメ
商品コード:
tama-yaku01
販売価格(税込):
1,171
関連カテゴリ:
焼酎
焼酎 > 米焼酎
焼酎 > 京都の焼酎
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

屋久杉と米焼酎の出会い。 純米焼酎 玉乃光 屋久杉 720ml

京都・伏見の日本酒蔵、『純米酒の元祖』玉乃光が造った、純米吟醸の酒粕と酒造好適米を原料にした純米の本格焼酎を三年貯蔵熟成したものです。

クセのないすっきりした味わいで、米のうま味が凝縮
されていています。のどごしもとっても爽やかですので、オンザロックでまずどうぞ!




内容量 720ml
アルコール度数25度
原材料純米吟醸酒粕、酒造好適米
製造元玉乃光酒造株式会社(京都市伏見区)

お酒は20歳から!未成年者への酒類の販売は固くお断りしています!」

屋久杉と米焼酎の出会い。


出来上がったばかりの焼酎は荒削りで強い個性を発揮します。ここでゆっくりと時間をかけて寝かすことにより、焼酎は熟成してまろやかな味に仕上がります。米焼酎 玉乃光屋久杉は、3年以上貯蔵した純米焼酎です。

古来、米の酒の仕込も貯蔵も杉の樽で行われてきました。
米は最近、縄文時代から栽培されていたことが判明しました。杉も屋久島の杉は縄文時代から生き続けております。

そこで米の焼酎をベースとして、屋久杉を生かし続けた神秘的な樹液の香をキャッチし、縄文時代より受け継がれた米の精・焼酎と、同じく生き続けた屋久杉の精気を含んだ香を目出度く交合させたのが、米焼酎 玉乃光屋久杉です。

長寿にあやかれる酒と云えるかもしれませんね!

ラベルは縄文の土偶をイメージしています。
デザインは大英博物館に作品が永久保存されている手彫りの木版画家の第一人者、木田安彦先生作。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

緑の地球 長期熟成古酒 38度 720ml

販売価格(税込): 2,592 円

庄三郎 25度 1800ml

販売価格(税込): 2,322 円

庄三郎 25度 720ml

販売価格(税込): 1,220 円

丹後蔵 原酒 37度 720ml

販売価格(税込): 3,240 円